薬剤師の資格を活かして新しい分野に挑戦!

薬剤師転職 → 薬剤師の資格を活かして臨床開発モニターとして働く

薬剤師の資格を活かして臨床開発モニターとして働く

薬剤師とは、薬に関する仕事ですよね。 薬は、毎年大量に新しいものが開発されていますが、開発された薬が実際に患者さんに処方されるまでには長い年月がかかります。

開発された薬が本当に安全なものかということを十分にチェックし、厳しい検査に合格したものだけが出回ることになるのです。 そのために行われるのが治験です。

臨床開発モニターとは、薬剤師としての知識や経験を活かしながら、治験が正しく行われているかチェックする仕事だと理解すれば分かりやすいでしょう。 臨床開発モニターを目指す場合、特に必要になる資格はないのですが、やはり薬に関する仕事ということもあり、薬に関して深い知識を持っている人のほうが採用率が高いです。

募集の数も極端に少ないわけではありませんが、ドラッグストアなどに比べると求人数は少ないので、気になる求人情報があったら早めに応募をするように心がけておいたほうがいいでしょう。

なかなか臨床開発モニターの仕事が見つからないという場合は、できるだけ都市部で仕事を探したほうがいいですね。 治験の仕事は製薬会社と協力しながら行うことになるわけですが、製薬会社は地方よりも都市部に集中しているので、都市部のほうが臨床開発モニターの仕事を見つけやすいです。

就職率もそれほど低いわけではないので、本気で臨床開発モニターになりたいと思っている人ならば、転職活動に臨んでみましょう。 ドラッグストアや調剤薬局で担当する薬剤師の仕事とは、取り扱う業務内容が違うのですが、好条件の求人情報が多いため、他の職場で働いていた薬剤師からも人気が高いようです。

給料も良く、休みのしっかり取れるということもあり、病院の薬剤師として忙しく働くことに疲れてしまったという人も、臨床開発モニターを目指してみてはどうでしょうか。

薬剤師として特に経験を積んでいない新卒の人でも、応募を受け付けている場合があるので、臨床開発モニターの仕事に興味がある人は各情報を比較したうえで応募をしましょう。