医薬品の知識を活かしてMRとして活躍しましょう!

薬剤師転職 → 薬剤師の資格を活かしてMRとして働く

薬剤師の資格を活かしてMRとして働く

MRとは、製薬会社を代表して医療関係者と面談をし、医薬品に関する様々な仕事を行う仕事のことをいいます。 例えば、医薬品の有効性について確認をしたり、安全性について情報を提供したりするのも大切な仕事です。

話し合いをするのは医師や薬剤師ということになるので、どうしても専門的な医療知識が求められます。 そういった意味では、薬剤師の資格さえ持っていればMRとして活躍することができるとはいえませんね。

面談をする際には、自分で情報に基づいた資料を作成したりする必要もあります。 仕事の内容によっては、講習会や研究会を開いて医師と研究開発部門の間を取り持つこともあるので、仕事のやりがいは非常に大きいと言えるでしょう。

また、どこでMRとして働くのかということによっても具体的な仕事内容が大きく変わってくるので、MRに転職をしようと思っている場合は求人情報を細かくチェックしておかなければなりません。

MRとして働く大きなメリットとして挙げられるのが、収入が多いということです。 場合によっては1000万円を超えることも可能となっているので、薬剤師の資格を活かしてできるだけ稼げる仕事に就きたいと思っている場合にもMRがおすすめです。

大手の製薬会社に勤めることができた場合はかなりの高収入を期待することができるでしょう。 しかし、楽して稼げる仕事というわけではなく、業務の内容も非常に忙しいので、MRという仕事にやりがいを感じられる人でなければ楽しんで仕事をすることは難しいかもしれません。

特に病院担当になった場合は1日に40人ほどの医師と面会をすることもあるので、かなりの忙しさであるということをよく理解しておきましょう。

製薬会社でMRとして働く場合、各製薬会社からMR認定試験を受けるように指示されることが多いです。 この試験に合格をするとMR認定証を取得することができるのですが、資格取得時だけでなく更新の際にも勉強をする必要が出てくるため、常に高い意識を持って仕事ができる人に向いている職業です。