調剤以外にも様々です!

薬剤師転職 → 調剤薬局で勤務する薬剤師の仕事内容

調剤薬局で勤務する薬剤師の仕事内容

医師が発行した処方箋に基づいて薬を販売している薬局が調剤薬局です。 こういった業務は従来は病院の窓口で取り扱っていました。 近頃は医薬分業が普及してきたので、調剤薬局が行うのが一般的です。 医薬分業の目的は安心して確実に薬を提供することにあります。

ここでは、調剤薬局で勤務する薬剤師の仕事内容についてご紹介しましょう。

調剤薬局は病院が提携している所も多く病院の隣接した場所には大抵調剤薬局があります。 別の調剤薬局でも処方箋さえあれば自宅の近くの調剤薬局で薬は購入できます。 処方箋に書かれている分量以上の購入はできません。

調剤薬局の利用方法は次の通りです。

・病院で診察を受けたあと支払い時に薬の処方があれば処方箋を会計で渡されます。
・処方箋を調剤薬局の窓口に提出して薬を購入します。
・お薬手帳があれば処方箋と一緒に提出してください。

患者様が服用している薬の記載をしているのがお薬手帳です。 記載されているのは医療機関から処方箋が出されている薬だけです。 ドラッグストアなどで購入した薬は記載されていません。

薬には<飲み合わせ>があり単独で服用する場合には効果が高くても他の薬とは相性が悪いこともあります。成分が合わなかったり持病や慢性病があって長期間服用している薬があれば副作用のリスクもあります。

調剤薬局の薬剤師は基本的に医師の処方箋に従って薬を用意します。 その際に分量に関してミスがないかもチェックをします。 レアケースですが医師が処方した薬剤と他の病気で服用している薬が合わない場合もありますが、こういった点に気づくのは薬剤師の仕事です。

もしも医師が処方した薬に疑問があれば連絡をして薬を変更するのも薬剤師の大切な仕事です。 薬剤師には新しい薬の知識も幅広く持っていることが期待されています。 服用薬で副作用がないか効果が充分であるかを聞き取ります。

効果的に薬が効くように服用するお手伝いをするわけです。 薬の処方をしたら、その内容をデータとして保存し、お薬手帳にもシールに印刷して添付します。 こういったことで薬歴が記入でき、その後会計をすれば薬の処方が完了します。 これが一連の調剤薬局での仕事になります。