保険薬剤師になるにはどうすればいい?

薬剤師転職 → 保険薬剤師と薬剤師はどこが違うのでしょうか?

保険薬剤師と薬剤師はどこが違うのでしょうか?

薬剤師は薬学部に入って6年間学ばなければなりません。 卒業をして薬剤師国家試験に合格すれば薬剤師を名乗ることができます。 しかし保険薬剤師はそれだけではなれません。

ここでは、保険薬剤師と薬剤師はどこが違うのかをご説明いたします。

保険薬剤師とひとことで言いますと<保険薬局で調剤できる薬剤師>のことを指します。 保険薬局は日本の健康保険制度で保険適用ができる調剤薬局のことです。 現在ではほとんど全ての調剤薬局が保険薬局と言い切ってもいいでしょう。

健康保険が適用されない調剤薬局などあろうはずがありません。 保険薬剤師は調剤薬局で調剤をするために、通常の薬剤師資格に追加で必要な資格なのです。 薬剤師になるための国家試験のような特別な試験はありません。

保険薬剤師として<登録>すればOKです。 保険薬剤師の登録をしていなければ調剤薬局で薬剤師の仕事をして調剤をしたり健康保険の手続き業務をすることはできない決まりになっています。

薬剤師の就職先の半数程度は調剤薬局と言われています。 調剤薬局に入職したら間違いなく保険薬剤師の登録をするように言われるでしょう。 病院内の薬剤師は健康保険適用の調剤を行いますが保険薬剤師資格は要らないとされています。

病院内の薬剤部での業務に限定で保険薬剤師としての登録は不要になっています。 スーパーマーケットやドラッグストアに薬剤師として就職する場合も保険薬剤師登録は要りません。 けれども調剤薬局が併設しているドラッグストアの場合は保険薬剤師登録は必要です。

現在は多くの病院が処方箋を出して、調剤薬局で薬を手に入れる医薬分業の時代になっています。 調剤薬局で仕事をするには保険薬剤師資格は必須だと思います。 特に注意したいのは調剤薬局以外の勤務先から調剤薬局へ転職する場合です。 登録を忘れていると困りますので知識として持っておきたいです。

以上、保険薬剤師と薬剤師はどこが違うのかをご説明いたしました。