薬剤師転職でベストな年齢、厳しい年齢とは?

薬剤師転職 → 薬剤師が転職を考えるときに年齢制限があるのか?

薬剤師が転職を考えるときに年齢制限があるのか?

転職をするとなると年齢制限が気になりますし、特に高齢になるとその傾向は強いです。ここでは、薬剤師が再就職や転職を考えるときに年齢制限があるのかを解説いたします。

薬剤師の国家資格は一度取得すれば一生涯有効になります。資格が消えることはありませんが、資格を持っていることと転職は全く別のものです。年齢が上がるほど転職が難しくなる――そのように考えている人はこの記事が参考になります。

一般的に転職がしやすい年齢は男性でも女性でも35歳までだと言われてます。40歳をすぎたら転職することはかなり厳しくなります。50歳代にもなると男性でも女性でも転職して成功するのは難しいでしょう。

雇用機会均等法があるので、本当は年齢を理由にして採用するか採用しないかを決めるのはできなくなっています。ですが雇用する立場からしてみれば長期間仕事をしてもらえる人材が欲しいのは当然です。だから必然的に極力若い人材を注目するのです。

現在はどこの職場でも定年は60歳と決まっているところが大半です。60歳以上でも仕事をしたいならば嘱託社員という身分で再雇用されるスタイルがあります。これでも65歳までになっているので年齢制限はあると考えていいでしょう。

薬剤師の世界で求人の年齢が大きく異なってくるのは男性でも女性でも40歳代です。働き方に大きな変化がでてくるからです。

男性社員の場合は怪我や病気などが無い限り長期間休職することは少ないです。職歴が長くなっているし管理職に就いているケースが多いです。採用する方も一般社員よりも高い待遇をしなければなりません。

また役職をつけた求人を準備しなければならないのです。採用するにあたってコストが余分にかかるので40歳代の薬剤師の転職はハードルが高いです。

子育てと仕事の両立はできるの?

女性薬剤師の場合は妊娠・出産・育児で長期間休職している場合が多いです。復職した後についてはアルバイトやパートなど非正規雇用として仕事をする場合が多いので男性薬剤師と比較すると転職がしやすい特徴があります。

国立病院勤務を希望するならば、公務員資格が必要です。18歳から27歳までの間に資格を取らなければならない年齢制限があります。求人があったとしても公務員資格がなければ応募もできないので注意しましょう。


薬剤師のお役立ちサイト

山梨県の薬剤師会の公式HPです。山梨県在住の薬剤師の方は、情報収集はもちろんのこと、求人・転職活動にも役立ててください。
一般社団法人山梨県薬剤師会